和室造作材

主な和室の造作材である、出入り口や窓の開口部に設ける敷居・鴨居、床・壁・天井を見切る畳寄せ及び、廻縁、格調高く演出する長押、床柱や床框・落し掛・雲板などを製造・販売しています。

zousaku.jpg

健康和風造作材

和の伝統的な美しさを高品質・低コストで実現する集成材の技術は、丸紀が最も得意とする分野です。 卓越した技術と確かな品質管理で、先進の健康造作材をお届けします。

安定した品質、美しい仕上がりプレカットなので施工がラクラクひらめき

◇質感、材質のばらつきがありません。
造作材において、品質がそろっていることは第一条件です。鴨居と敷居の質感が違ったり、同じ部屋なのに窓枠ごとに材質が異なるといったチグハグ感のないよう、徹底した品質管理で均一化を図っています。

◇寸法の安定性がよく、
 使用場所を選びません。
集成材の特色として、湿気や乾燥などによる狂いが少なく、寸法の安定性がいいことも大きなメリット。どんな場所にも安心してご使用いただけます。

◇工場でプレカット。
 現場ではそのままはめ込むだけ。

使用場所に合わせて、ミゾ付け、敷居すべり加工などのプレカットを施しています。工場で加工するので品質が安定、現場での工期短縮、コストダウンにもつながります。

◇邸別セットでムダがなく、
 部材管理が簡単です。

すべて施行場所単位で、鴨居と敷居をセットしてお届けします。梱包もすべてセット単位ですから、在庫をかかえる心配がなく、材料のロスもありません。

◇素材や加工のさまざまなニーズに
 お応えします。

表面化粧単板は、高級吉野桧とスプルースを使用。各種の化粧単板は、ご要望に応じてご注文ください。また、特別加工商品も承ります。 

シックハウス対策は万全。健康造作材 として高い評価ぴかぴか(新しい)

◇安心・安全、人にやさしい
 製品づくりが基本です。

当社の工場は、JAS認定工場に指定されています。品質向上およびシックハウス症候群の対策に取り組み、常にご安心いただける製品提供を心がけています。定期的に(財)日本合板検査会での品質管理試験を受け、現在、自社工場製品は「F☆☆☆☆」(高い安全水準)にランク付けされています。同様に、協力工場に対しても厳密な品質管理チェックを行っています。また、素材を吟味・厳選したノンホルマリン無垢内部造作材の提供にも取り組んでいます。

単板の種類

ネット桧の特性

桧の種類にはタイワン桧、ベイヒ、米ヒバなどがあり、天然木では長野県・岐阜県・和歌山県などが有名です。 辺材は淡黄白、心材は淡黄褐ないし淡紅色。心材率は比較的高。年輪はあまりはっきりとはしておらず、肌目が精で、生き節が美しく独特の芳香があります。

加工性が良く、狂いも小さく、耐久性が大きいことから外観と諸性質を総合すると、国産針葉樹の中でも最高の材料とされていますが価格の面でも群を抜いているのも事実です。

hinokitanpan.jpg

 

ネットスプルースの特性

北米産トウヒ属木材の総称でベイトウヒとも言われています。主要なものは、Engelmann-spruce,Sitkaspruceなどで、太平洋沿岸および近い地域に分布。アメリカではワシントン、オレゴンからの出材が多く、日本へはアラスカ産のものがかなり輸入されています。米松とともに最も大径の針葉樹の一つであり、材質は日本のエゾマツに類似し、軽軟な割りに強度も高く、収縮が小さく、加工性も良い。

 

ネット杉の特性

杉の近材は白色、心材は淡紅または暗赤褐色。ときには黒褐色(黒じん)になっているものもあります。年輪ははっきりしており、肌目はやや粗く、特有のにおいがします。材には、樹幹内の位置や成長過程にもよりますが、比較的軽軟で、加工しやすいのが特徴。心材の耐久性は中程度。建築用材として有名ですが、輸入材の米栂、北洋エゾマツなどによる代替も見られます。

sugitanpan.jpg

 

ネット米栂の特性

アラスカ東南部からCal西北部までの太平洋沿岸と、BC州東南部からアイダホ北部までのカスケード山系に分布。米松に比べ生材含水率が高く、乾燥後の局所的に水分が残りやすく、また、乾燥後の釘打ちで割れを起こしやすい。耐朽性が低いということなどから建築材として北米での評価は高くありませんが、比較的安価で、日本では杉の代替材として広く使用されています。

 togatanpan2.jpg

 

 ネットナラの特性

 ナラ(楢、枹)は、ブナ科 Fagaceae コナラ属 Quercus ののうち、落葉性の広葉樹の総称です。加工しやすい種が多く、ヨーロッパ北アメリカでは家具フローリング(床材)、ウィスキーワインの材料などに広く使われます。木肌は中程度から粗めの堅い木材で、木目がはっきりし、特に柾目面にはそれが美しい模様として現れ、また、虎斑(とらふ)と呼ばれる虎の斑紋を連想させる模様が現れることも特徴です。

naratanpan2.jpg

 

ネット雲杉の特性

中国の雲南省・四川省、チベットなどに生育しています。近心材の区分は不明瞭で全体に淡い黄白色を呈し、やや軽柔で耐久性や強度は低いが、加工性や材の安定性は良いです。マツ科独特の匂いや樹脂分は少ないです。

kumotanpan3.jpg

 

ネットタモの特性

タモとはモクセイ科トネリコ属の落葉広葉樹です。木目が縦に通り、荒めの木目が特徴です。

tamotanpan2.jpg